テレワークを円滑に進める方法

テレワークを円滑に進める方法、それは段取り上手と言うことに尽きると思います。なぜ段取り上手がテレワークを円滑に進める方法なのかを具体的に上げていきたいと思います。

逆説的に言えばテレワークを有効に活用することで段取り上手になることができると言えるでしょう。
まずはタイムマネジメントです。なんといっても自分自身で業務管理を行うことになるので1日のうちにどのようなスケジュールを立ててどのような作業も済ますことが必要なのかをあらかじめ決める必要があります。

これを事前に決めることで非常に自分自身のタイムマネジメント、マネジメントスキルを上げることができるようになると思います。
もちろんタイムマネジメントを行う中で自分自身で賄えない部分を上司にお願いしたり同僚にお願いするといった作業も出てきますがこれも非常にコミニケーションを円滑するためには重要なポイントになってくると思います。

次に会議の進行になります。実際にテレワークで行うには、行き当たりばったりで人を集めるわけにはいきません。
直接会話ができない中でネットワーク経由で様々な方々に召集をかける必要があるので、場合によっては自分から声をかけるのではなく上司から声をかけてもらう必要があることもあるでしょう。これもいわゆる自分自身が根回しや段取りをうまくできるようになるポイントになると思います。

そして会議そのものも目的や議論すべきポイント、どのような時間で何を決めるか、誰がイニシアチブを握るべきかを自分自身でイメージをつけた上で設定、進行をする必要があります。

結果的に自分自身でこのような段取りができるようになれば、すべての物事を掌握し、進行する、かつゴール地点が見えていると言うことで視野が広がると思います。
1つ高い視点で仕事をできるようにならなければなかなかテレワークを円滑に進めることができないのではないでしょうか。そしてどのようなレベルのものことであれば誰が出席して決めるべきである、課題はこれなのでどのように解決すべきかどのような資料が必要かを自分自身で準備する必要がわかってくるようになります。

要するに、テレワークをうまく活用することによって上司だけではなく周囲とのコミニケーションをうまく図り、自分自身の存在価値を上げることにもつながります。そのためにはいかに段取りを上手に行うか、これを考えながら仕事を進めることがポイントだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする